Inspiron 13(5330) ノートパソコン・レビュー

ノートパソコン

Core Ultra プロセッサー搭載モデルの紹介はこちら↓

Dellとは

アメリカに本社を置く会社でPCモニターなどを作っている企業です。

Inspiron 13(5330)レビュー

Inspiron 13(5330)をレビューしていきます。

Inspiron 13(5330)は、2023年に発売されたノートパソコンです。

つい最近インテルCore Ultraプロセッサ搭載のInspiron 13が発売されました。

ここからは、Inspiron 13(5330)のスペック、製品の特徴、メリット、デメリットについて紹介していきます。

スペック

値段約12万6千円〜(価格が変わる場合があります)
OSWindows 11 Home
CPUCore i5-1340P/Core i7-1360P
メモリ16GB 4800 MT/s オンボード
ストレージ512GB
画質13.3-インチ 16:10 QHD+ (2560×1600)
カメラ約210万画素 隠すことが可能
充電65w
HDMI一つ HDMI 1.4
USB Type-C2つ Thunderbolt 4.0対応
USB Type-A1つ USB 3.2 Gen 1
オーディオジャック1つ
指紋認証

Thunderbolt 4.0は、パワフルな充電・データ転送・映像出力が可能

価格は、126,680円〜(値段は不定期にかわるのでDellのサイトをチェックすることをおすすめします)

指紋認証を搭載しています。

バッテリーに関しては、intel Evoのマークがあるのでちゃんと使えると思います。

製品の特長

Ispiron 13(5330)は、2022年10月に発売された最新のインテル製CPUを搭載しており、他社の製品と比べ安く、コスパ最強のモデルです。

CPU

CPUは、Intelの第13世代CPUであるCore i5-1340P/Core i7-1360Pを搭載しています。

Intel製CPUのみかたとしては、13の部分は13世代ということで最初の数字を見ることで何世代かということがわかります。最後の英語は、今回だとCore i5やCore i7の中での性能を表しています(説明が難しい)。性能が低くいのから言うと、UGPは同じくらい、H無印(何も書いてない)、K このようになっています。内臓グラフィックスを無効化したFもあります。性能が低いモデルは、バッテリー持ちがいいメリットもあるので、パソコンを選ぶときには、用途に応じて選ぶのおすすめします。

この製品は、Pシリーズだから性能が悪いと思うかもしれませんが、ゲームなどの重たい処理をしなければ十分に使えると思います。

充電

充電は、USB Type-Cで充電可能となっていて、65Wに対応しています。

画面

画面サイズは、13インチとなっていてアスペクト比16:10となっています。16:10のメリットとしては、16:9よりも縦に情報が多く表示されます。

画質は、QHD+なのでFHDより綺麗です。

メリット

  • 最新のCPUを搭載
  • 画面が綺麗(QHD+)
  • カメラを隠すことが可能
  • 性能の割に安い
  • 2023年モデル
  • 画面の比率が16:10のため多く情報が表示され
  • キーボードカバーが売ってある

Inspiron 13(5330) キーボードカバー

このキーボードカバーは、実際使ってみたところぴったりだったので、買うことをおすすめします。Inspiron 13(5330)と書いていませんがちゃんとハマりました。

他社製品を見てもここまで安くて高性能なモデルはないと思うので買うのがおすすめです。

デメリット

  • 即日出荷と書いてないものは、2週間程度かかる
  • 海外から発送されるということもあり少し傷がある(多分返品してもらうことも可能)

これらのデメリットがあるが、買う価値はあると思います。

まとめ

Inspiron 13(5330)は、安くて高性能なため学生やお金のない方におすすめです。海外製品だから怖いと思う方がいるかもしれませんが、昔とだいぶ変わっていると思うので買ってみるのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました